【アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【第9話】寸止めしたままの状態で何度でも自ら負けを認めるまで】女子校生 美少女 痴漢 羞恥 催眠・洗脳

アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【第9話】寸止めしたままの状態で何度でも自ら負けを認めるまでの画像

アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【第9話】寸止めしたままの状態で何度でも自ら負けを認めるまで

ついに迎えたリアル調教の集大成――潔癖美少女を襲う、過酷な寸止め地獄!!悪魔のスマホにより、強制快楽の渦にハマっていくヒナタに、直接の接触を試みるマナブ。ヒナタの許されざる裏切りに口火を切られ、嫉妬と憎悪に身を任せた調教劇が幕を開ける――。「こんなのイヤなのに…!もうずっとイキたくてしょうがないから…!ガマンできない!」混みあう電車内で突如としてヒナタの体を襲う淫猥な衝撃。清純な制服姿で覆われた、豊潤なヒナタの肉体を卑猥に弄るマナブの手が、ヒナタの研ぎ澄まされた快感への劣情を掻きたてていく――!強制操作により、視覚を奪われ、手足も拘束されたのと同様に動く事を許されない。奇怪な状況下でもなお治まることのない淫羞に、開発を施されたヒナタはその刺激のたびに身を震わせ、今にも漏れ出そうになる嬌声を堪えることで精一杯になっていた……。「やばい…!もうガマンできない!入れてやるぞ…!藤浦ヒナタの中に…!!」直に伝わるヒナタの体温と息づかい…抵抗の意識と相反する恍惚の熱情に、マナブの脳内は「ヒナタを犯す」ことの一点に集中する。ドス黒い私欲に掻き立てられ、そのいきり勃つ肉棒をヒナタに押し付けるマナブは、ついに潔癖少女・ヒナタへの復讐を果たすことができるのか――!?超絶まじめ美少女を襲う長期間調教の悪夢――。帝王・クリムゾンが放つエキセントリックエロス、ヒナタ編クライマックス寸前の第9話!

感想
一昔前にコンビニなどで売られていたエロ漫画のような画風で、見ていると懐かしい感じがします。
なぜだか乳首や陰毛がほとんど描かれていないので、リアリティに若干欠けるのが残念です。
話のストーリーや展開も、使い古されたありきたりなものなので、勢いがちょっとないです。
シーンによって同じキャラなのに顔が全然違っているように見える場面もあり、
もう少し絵とストーリーを工夫してほしいなと感じました。

アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【第9話】寸止めしたままの状態で何度でも自ら負けを認めるまで

アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【第9話】寸止めしたままの状態で何度でも自ら負けを認めるまでの画像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>